バチ抜け開幕!

宮川 靖 PRO

ここ最近の気温上昇で大阪湾岸のバチ抜けパターンがヒートアップ!
私も連日、休日返上で西へ地元へ、更に南へと通う日々が始まりました。

私のホームである湾奥エリアは、5月15日〜6月半ば位までがバチ抜けパターン最盛期となります。
しかし西(神戸)や南(泉南から堺)のエリアでは4月頃から徐々に始まり、5月に向けて湾奥にそのエリアを広げると言った感じです。
時期的な差は、バチの種類や水温が関係していると思われます。

そしてバチ抜けパターンで無くてはならないロッドが、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 87L“SOLID EMOTION”
先端がソリッドティップになった激掛かりロッドで、デイゲームのジグヘッドリグによるフィネスゲームや、ショートバイト多発のバチ抜けではメインロッド。
特にバチ抜けで多い、「僅かに押さえ込む小さなバイト」でもフッキングに持ち込めるのが特徴です。

miyagawa2_2.jpg

更に昨年のテスト段階から激ハマリの「テール、フェザーフックチューン」がバイトの数を大幅に増やします。
バチ抜けと言えば、リップレスミノーやシンキングペンシルが中心ですが、フェザーフックに交換する事によりルアーアクションが滑らかになったり振り幅が小さくなったり、バチ抜けパターンには有効なアクションが出ますので、欠かせません。
その他には、バチ抜けパターンに多い「吸い込み系の小さなバイト」に対して、「吸い込みを補助する」意味もあります。
つまり、後方からのバイトに対する吸い込みが良くなりフッキング率も上がります。
私は毎回仲間数人と釣行しますが、フェザーフックありと無しでは、かなりの差が出ますので、今では全員がフェザーフックに交換しています。

miyagawa2_3.jpg

そしてやはり、ソリッドティップの威力。
LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 87L“SOLID EMOTION”はバランスが良く、キャスティングに対するキャスタビリティ、シーバスを掛けてからのランディングにもバランスの良さを発揮します。
これからの時期はもちろん、バチ抜け後のデイゲームでも、ますます出番が増えそうです。

miyagawa2_1.jpg

■タックルデータ
フック:がまかつ トレブルRB ミディアム バチSP
    がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー FT
    FT 激ハマリ!

  • カテゴリ:
  • 投稿日: