四日市、霞一文字、遠征のデイゲーム

宮川 靖 PRO

11月中旬、釣友からまだ数がかなり出ていると聞き、三重県四日市にある霞一文字に急遽釣行を決めた。

miyagawa_1.jpg

遠征と言っても大阪から2時間足らず・・・。
大阪からも十分通える距離だ。
10月初旬から始まったこのパターン。
この時期の霞一文字は、潮の加減で急にバタバタと釣れ出し、
そして「ピタッ」と止まる回遊パターンと聞いている。

足元のブレイクに潜む地形に付いたシーバスを狙う時期とは異なり、
潮と風向きなどでベイトが接岸して、それに付いた
回遊シーバスの群れを狙うのが秋から冬の狙い方だ。

ショアからのシーバスは自分が行くポイントにシーバスが居るかどうか、
射程圏内に入る潮や風向きなどのタイミング、具体的にどのルートを通るのかなど、
アングラーの「読み」が非常に重要だ。
人より多く釣るテクニックやルアーを知る事も大切だが、
この「読み」が的確に出来るアングラーほど尊敬される。
今回ガイドをしてくれた友達3名は、的確に「読み」が出来る数少ないアングラー。
情報としてはかなり高確率だ。

そして当日、朝マズメのライズを期待して入ったが、横からの風で水面がかなりざわついている。
ベイトがすでに入っているエリアで、トップでシーバスを狙う場合、
背中からの風で狙う側の水面がベタ凪が最高の条件。
それは地元でも同じだ。
水面近くのベイトを追い、水面に変化が現れた場所を狙うパターンなのでトップ系は諦め、
バイブレーションで広範囲に探りながらシーバスの活性や数を確認。
すると早速、50cm程度がヒット。ここのアベレージだ。
今回使用しているタックルは、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER
本来シャローエリアのナイトゲームを想定したミディアムライトのロッドアクションだが、
小型バイブレーションやミノー、9cm程度までのトップウォーターゲームにも抜群だ。
適度な張りがあり、硬すぎず掛かりが良く、しかもバレにくい。
そしてバイブレーションで数匹追加。

miyagawa_2.jpg

しばらくして反応が悪くなり、昼からの潮変わりに期待して休憩する事に。

下げ止まりが午後2時。
そこからの上げが最近好調な時間帯らしい。そして風向きが背中から変わった。
ガイドしてくれた友達の宣言通り、潮が上げ出してからあちこちでライズが始まった。そこからは、ペンシルとポッパーでほぼ「入れ食い」状態だ。

そして夕方までに15匹ほど追加して、今回の四日市遠征を終了とした。
快くガイドしてくれた地元の友達がいなければ、この釣果は無かっただろう。

この場を借りて感謝します!

miyagawa_3.jpg

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER

  • カテゴリ:
  • 投稿日: