バザーオールスタークラッシック参戦

大塚 茂 PRO

バザーオールスタークラッシックに出場して来ました。
場所は、霞ヶ浦水域。

バザーオールスタークラッシックは、バスフィッシャーマンの最高峰のイベント。
出場資格は、つり人社basserから来る招待状です。

私は過去に3度程出場した事があるものの、久々の出場です。
今回は、23人の凄腕が集まりました。

今回出場出来たのは、日頃応援して頂いているお客様、
サポートしてくれているメーカー様のおかげです。
本当にありがとうございます。

otuka01.jpg

霞ヶ浦で釣りをするのは久々です。
前情報では、霞ヶ浦は復活しつつあり、良いエリアでは簡単にバスが釣れていたようです。

しかし今回、台風の直撃と大雨で冷たい水の増水による5度以上の水温低下や水位変化と悪いファクターなどが重なり、バスは全く口を使わなくなりました。
プラクティスでは、出来るだけ水温の変化を受けないエリアを探す事だけを考え、1日120リットルのガソリンを使い全域を見て回りました。

3日間のプラクティスで見つけたのは、大雨でも影響を受けにくい与田浦。
ここ与田浦は、護岸を整備する時に工事で使用した木杭が60センチ間隔で数千本有ります。
太陽が上がり杭にシェードが出来てくると、タイトに杭へバスが付く事が分かりました。
釣り方は、日によって、時間によって、天気によって其々付く杭が異なる為、永遠にテキサスリグをフリッピングし続けます。
しかし、与田裏に入る為には、水門の開閉で20分かかってしまうので、
スタート会場からポイントまで、全開で移動しても片道1時間、往復2時間は釣りが出来ません。

トーナメントの初日は、放射冷却により冷え込んでしまい、前日より3度も水温が低下。
バスは、さらに低活性になってしまいました。
案の定、1匹目を釣り上げたのは、太陽が真上に上がってきた11時過ぎ。
しかも、ショートバイトで口の皮一枚でした。
ウエインしたバスは、3匹で初日13位。

2日目も与田浦に行き、釣りを始めたのは7時過ぎ。
ファーストフィッシュは、初日と同じ11時過ぎでした。
ウエインは、13時30分と早いので、釣りが出来るのは移動時間を含め12時30分まで。
後少ししかない、と焦る気持ちを抑えひたすらフリッピングをし、3匹を釣り上げました。

ウエイン会場は物凄い観客で、その前でウエイン出来るのが凄く幸せでした。

2日目短日の順位は、4位。総合は9位でシングルに入れて良かったです。
ウエイン会場には、店のお客様やスタッフ、家族が応援に来てくれて本当に励みになりました。

ありがとうございました。

otuka02.jpg


使用したタックル
#テキサスリグ(フリッピング)
・ロッド LUXXE ATS05 B76H-FLIP MASTER
今回は2日間フリッピングで1000本以上の杭を撃ったが軽量の為全く苦にならなかった。

3.5グラム+スピードバイブクロー+ラバー
・フック がまかつ ワーム316  1/0
・ライン BAWOプレミアムプラス16lb.

#ノーシンカーリグ
・ロッド LUXXE ATS05 S64L FINE MASTER ACTIVE SHAKE
・ワーム ゲーリーカットテール4インチ
・フック がまかつ ワーム321 スラスト #5
・ライン BAWOプレミアムプラス 4lb.

  • カテゴリ:
  • 投稿日: