シャローエリアの河口ゲーム

宮川 靖 PRO

3月中旬、暖かい日が続いていたので、和歌山紀北にある和歌川河口に釣行へ出発した。
ここの上流部には、広大なシャローエリアが広がり、日中の日差しで水温が上がる。

春先や冬など水温の低い時期の干潟全般に言える傾向だが、暖かい日が続いた後はねらい目だ。
ここは干潮からの上げ潮で、シーバスが河口に差してくるのがセオリーだが、今回は満潮から下げ潮を狙う時間帯での釣行。
ウェーディングで狙うこのポイントは、沖合いの流芯にあるブレイクを除いて、全体的に浅くフラットに近い地形だ。

上げや下げで発生する流れとヨレ、そしてベイトの有無両方がリンクして始めて釣果が出る。
一般的にどの場所も同じなのだが、シーバスが居つくストラクチャーやボトムの変化が乏しい場所では、流れとベイトがキーワード。
シャローエリアでの回遊シーバス狙いの典型だと言える。

そして釣り開始。
下げの流れがけっこう強い。
春先は、特にシンキングペンシルなどの波動が弱い系統のルアーに反応が良い。
産卵を終え体力を序所に回復する途中だ。

開始直後、私のルアーにバイト。
けっこう強い明確なアタリだったが、フッキングしなかった。
フックを見ると一本内側に曲がっている。これはおそらく黒鯛かキビレのバイトだろう。
乗っこみ時期は食性が幅広く、ベイトも果敢に追う。
このポイントもキビレやクロダイが非常に濃い。

しばらくして、本流の流れが急速に速まった。
手前に出来ている反転流付近には、ちらほらベイトも確認出来る。
釣れるなら「今」だと確信した直後、流れに乗せてドリフトさせていたルアーが、
本流を抜けて反転流に入った瞬間に、明確なバイトが出た。
すかさずフッキングを入れるとエラ洗いを繰り返す。

ロッドは、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER
適度なしなりと柔軟性は、シーバスをいなして取るロッドだと言える。
そして、無事ランディングしたのは、70cm弱の元気なシーバス。

100410miyagawa02.jpg

全盛期に比べるとお世辞にもグッドコンディションとは言えないが、この時期では納得のサイズ。
直後、同行した弟にも同サイズがヒット。

その後、60cm程度をもう一本追加して、アタリが遠のく。

流れが速まったタイミングでの連続ヒットで、短い時間帯にパタパタ釣れるパターンだった。
その後、流れが弱まりこの日の釣行を終えた。
今後は雨後のパターンなどで、しばらくは楽しめそうだ。

100410miyagawa01.jpg


ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER
リール:07ステラC3000
ライン:PE 0.8号、グランドマックスFX 4号を1.5m
ルアー:ブラボー11、リードラブラ125F、コルセア90、スタッカリングスイマー130

  • カテゴリ:
  • 投稿日: